イタリア ★ お達者ワンダーランド ★ ローマ歌劇場   .
   イタリア
ルネッサンス紀行

  Menu
 ミラノ   ベニス   ピサ   フィレンツェ  カテゴリ ローマ   ヴァチカン   ポンペイ・ナポリ


Fl111_it.gif (697 バイト)   ROMA   Fl111_it.gif (697 バイト)

ローマ市内 |カテゴリ ローマ歌劇場


ローマ歌劇場


ローマ歌劇場正面
事業家コスタンツィにより1880年に建てられ、イタリア・ミラノ・スカラ座、ベニス・フェニーチェなどと並ぶ名門の歌劇場。
外観は質素だが内部は豪華。幕間の休憩時間にはホワイエでシャンパンなどを飲みながらくつろぐ人々の姿はさすが!本場の歌劇場という雰囲気です。


舞台とオーケストラピット
一階席のイスとパルコニー内の壁のワインレッドが金箔の装飾に映える豪華な場内です。(絵葉書)
http://www.operaroma.it/weboper0.htm
オペラ座HPから

オペラ座はローマ三越店から歩いてすぐのところにある

舞台から場内(写真:パンフレット)
オペラ座内部は馬蹄形で、プラテア(1階席)の上に
4層のパルコニー(ボックス席)が約100、その上にとても天井の広いガレリア(天井桟敷)があります。

開演時間20:30まで人影はまばら

ヴェルデイ作曲「イル・トロヴァトオーレ」 チケット

ヴェルディ像

Il Trovatore  ♪ 進軍ラッパを吹き鳴らせ
指揮:Paolo Carignani

Il Trovatore  第二幕カーテンコール




イタリア出身でフランクフルト歌劇場の音楽監督であるカリニャーニは、すでにウィーン・フィル、ベルリン・フィルへの客演をはじめ、ヨーロッパを中心に活躍。2004年8月初来日。
CAST

Manrico: Dario Volonte/ Ivan Momirov
Leonora: Dimitra Theodossiou/
       Ines Salazar/ Karia Pellegrino
Conte di Luna: Stefano Antonucci
           / Marco Chingari
Azucena: Elisabetta Fiorillo
       / Marianne Cornetti
Ferrando: Ildar Abdrazakhov/ Carlo Cigni
Ruiz: Enrico Cossutta

 Orchestra e Coro del Teatro dell'Opera
   
     Direttore: Paolo Carignani
            パオロ・カリニャーニ

lI Trovatore(ヴェルディ作曲)

オペラ「イル・トロヴァトーレ」はスペインのグティエレス=Gutierres(1812-84)の戯曲「吟遊詩人El trovador」(1836年初演)に基づくオペラ。
物語は15世紀の初頭のスペイン東北部アラゴンの首都サラゴサのルーナ伯爵のアリアフェリア宮殿とビスカヤ山麓で展開する。
アラゴンでは王位継承をめぐって皇太子フェルディナンドとウルジェル伯ハイメが争っていた。
ルーナ伯爵は皇太子派で、マンリーコ(吟遊詩人、実はルーナ伯の弟ガルシア)はウルジェル伯に仕える隊長である。
弟のガルシアは、赤ん坊の時に誘拐されて行方不明となり、ジプシーに育てられていた。
そして、ルーナ伯爵は、マンリーコを弟とは知らず闘う羽目に。その結果、最後は弟が死んでしまうという悲劇。何故このような結末となってしまったワケには意外なカラクリが・・・・。スジはかなり荒っぽいですが、ヴェルディの傑作オペラの一つです。

ところで、高校の音楽の時間に唄ったアンビル(鍛冶屋の)コーラスなどなじみのメロディーもありますが、その大部分は?。そこで、往路の飛行機の中でCDを聴いて予習していきました。その甲斐もあり4時間という時間も気にならず大変楽しめました。終演時間は深夜0時過ぎ。

チケットは、事前に日本でインターネットにより空席状況を確認して、当日昼にオペラ座へチケットを買いに行きました。イタリア語は不要で英語が通用しますが、窓口では座席一覧をディスプレーに表示してくれるので、希望の場所を指させばOKです。したがって、一言もしゃべらなくて済みます。  料金は日本でいうところのS席が約6000円弱。前から十番目の席で大変よい場所でした。ラッキー!


    


オペラ座・座席配置図


 
フィレンツェ  | 画面上部へ戻る | HOME |  ヴァチカン
010728
inserted by FC2 system