上海・江南の旅(魯迅公園)  .

中国 上海・江南の旅
(上海、蘇州、無錫) 
中国/上海・江南(TOP)◆ 上海(TOP) |


魯迅公園

上海・魯迅公園は、日本租界時代には虹口公園と呼ばれていました。1928年に日本海軍特別陸戦隊本部があったので射撃練習場として使われていた歴史があります。

1932年4月29日に、この魯迅公園において上海天長節爆弾事件が発生しています。
この事件は、韓国人尹奉吉が君が代が斉唱された際に、弁当箱に仕掛けた爆弾を上海派遣軍司令官白川義則大将へ投げ込み、白川大将は亡くなり、多数の重軽傷が出たというものです。

色々な歴史がある魯迅公園に、戦後、日本から桜の木が寄贈され、春には桜が満開となって上海市民がこの公園で花見を楽しむそうです。




魯迅公園




おじいさんとおばあさんがダンスに興じている

別名老人(魯迅)公園と言われるほど










 
魯迅公園内にある世界文豪広場


これは、結婚相手を探すおばさん。
略歴などが書かれているつり書きが日傘の中に置かれている
個人情報もへったくれもないですね

結婚相手が見つけられるとおばさんの収入になるそうです。


あちこちで水筆で習字の練習




いろいろなところでゲームやマージャンをやっています


虹口足球場(サッカー)のスタジアム


画面上部へ戻る
中国/上海・江南(TOP) ◆ 上海(TOP) | 自遊生活(TOP) |
inserted by FC2 system